PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

献血犬と血液型

少し前突然疑問がわいたワンコの血液にいて調べてみました。

その疑問とはこちら



人間には献血ってあるけどワンコって聞いたことないよな?

ワンコだって輸血が必要なときあるだろうし

では輸血の血はどうしてるのかな?

そもそもワンコに血液型ってあるの?




調べてわかったこと

ワンコにも当然様々な病気による貧血で輸血が必要!

にもかかわらず現在、日本には残念ながら犬猫の血液バンクがない。

日本では、動物医療における広域で利用可能な献血システム(血液バンク)は
法的に認められていない。


では病院はどのように対処しているのか気になるとことです。

・・・・・数多くの動物病院では病院で飼っているワンコから献血してまかなったりしてるようです。
ただ現在は動物医療も高度化しそれではまかないきれなくなっているそうで。
「献血犬」を募集している動物病院もあります。

以前、はなちゃんがお世話になったこともある東京大学動物医療センター でも
募集していました!
※ドナーになれる条件は病院によって若干違います。



IMG_3578.jpg



では血液型はどうなってるのか?

ワンコにも血液型ありました。
血液型は少なくとも13種類あるとされている。

人のABO血液型と違い、他の型に対する抗体を自然には形成しないため、
初めての輸血で発熱やショックなどの拒絶反応を示すことがない為
犬種関係なく輸血が可能。大型犬から小型犬へももちろんOKなんだそうです!

ただし、過去に輸血歴や咬傷(こうしょう)経験がある場合は
抗体がつくられている可能性があるため血液の適合性を確認する検査が必要のようです。



IMG_42843.jpg


こうして調べてみるともしもの時ってちょっと不安な気もしませんか?
考えてもなかったけど輸血の必要なとき輸血の血がないとか足りないとか
そんなことになってしまうことがあるかも知れないなんて!

早く人間と同じように血液バンクが認められればいいのにって
思います。
動物達にもやさしい世界になって欲しいな☆


※情報収集した内容を自分なりにまとめた記事なので、もしかすると理解不足や
認識違いなどがあるかも知れません。
興味のある方はご自信でお調べ直しください。




 ↓FBひろばへ行けるよ★ 






| 体のこと | 10:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hanyamaru.blog119.fc2.com/tb.php/403-26cfbddd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT